【WBSS優勝なるか?】モンスター井上尚弥の強さを徹底分析!偉業の数々と仰天エピソードも紹介!

WBSS

2019年11月7日木曜日、WBSS決勝戦、井上尚弥VSノニト・ドネアの試合が行われます!

ボクシングファンはもちろん、全ての日本人にとって、絶対必見の大イベントであると自信をもって断言いたします!

だってそうでしょう?日本のスポーツ選手が、世界でここまで活躍する事って本当に稀ですよ!

特にボクシングは、世界で最もお金が動くスポーツです。真のトップに上り詰めれば、フロイド・メイウェザーやマニー・パッキャオのように、

たった1試合で、数百億稼ぐことも可能です!

そんなボクシングで、日本人が今まさに、頂点に上り詰める瞬間を、目の当たりにする可能性があるわけですから、日本人として、見ないわけにはいかないわけですよ。

ということで今回は、予習という意味も含めて、我らが日本代表井上尚弥選手について徹底解説していきたいと思います。

・井上について詳しくなりたい。

・ボクシングに詳しくないけど、WBSSが楽しみ。

という方は、今記事を読んで下されば、WBSS決勝戦をより楽しんでいただけると思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

プロフィール

名前井上尚弥
生年月日1992年11月16日
出身地日本、神奈川県座間市
階級ライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級
身長165㎝
リーチ171㎝
スタイルオーソドックス(右利き)
戦績18戦18勝16KO

井上尚弥選手は、元アマチュアボクサーである父の影響で、小学一年生でボクシングを始めます。その才能はすぐに開花し、高校入学時にはすでにその名をボクシング業界に轟かせていました。

アマチュアでは史上初の高校7冠を達成しましたが、2012年にロンドン五輪の予選会でビルジャン・ジャキポフに判定負けし、目標だったロンドン五輪出場を逃したことを契機にプロ転向を決意します。

アマチュア通算戦績は81戦75勝(48RSC )6敗

同年大橋ジムから鳴り物入りでプロデビューしています。

日本ボクシング史上最強の男

日本ボクシング界はこれまでに、

・黄金のバンタム、エデル・ジョフレを破った、ファイティング原田

・世界王座13度防衛という日本記録を持つ、具志堅用高

・平成のカリスマ、辰吉丈一郎

・モンスターレフト、西岡利晃

・世界三階級制覇を果たした日本のエース、長谷川穂積

・神の左、山中慎介

といった、偉大な選手を数多く輩出してきました。

そんな中でも、多くの同業者や評論家、ファンも口をそろえて井上尚弥選手が日本ボクシング史上最強の男だと言います。

これだけ偉大な選手を輩出してきた日本のボクシング界で、井上尚弥選手が最強と言わる所以は何処にあるのでしょうか?

世界王者相手に秒殺を連発

井上選手がこれまでの日本人王者と違うのは、まず対戦相手の質と、その試合内容です。

具体的に見ていきましょう。

オマール・ナルバエスに2回TKO勝利

世界王座通算27度防衛を誇るアルゼンチンのレジェンドです。

ダウン経験がなく、鉄壁のディフェンス技術を誇りますが、2回で粉砕しています

ジェイミー・マクドネルに1回TKO勝利

亀田和毅に連勝経験もあるイギリスの世界バンタム級王者です。

176cmというバンタム級離れした身長と、堅実な技術を兼ね備えた誰にとってもやりにくい選手ですが、桁違いのパワーをみせ初回TKO勝利

ファン・カルロス・パヤノをたった70秒で瞬殺

ドミニカ出身の元WBA世界バンタム級スーパー王者

反則スレスレのダーティテクニックとスピードを兼ね備えた、これまたやりにくい選手ですが、試合開始70秒、高速の矢のような右ストレートで初回KO勝ち。

エマヌエル・ロドリゲスに2回TKO勝利

ボクシング大国プエルトリコが誇る、無敗のIBF世界バンタム級王者。

多彩なコンビネーションと、抜群のタイミングで放つカウンターも武器です。これといった短所もなく、バンタム級では井上選手と並び最も高く評価された選手でありましたが、2回で粉砕


これらの選手はすべて世界的に名の通った選手であり、これまでの日本人王者がキャリアの中で1回戦えたらいいだろうというレベルの名選手達です。

そんな選手を相手に秒殺を連発しているのですから、驚くしかありません。

特に、エマヌエル・ロドリゲス選手なんて、これまでの日本人選手では、絶対に太刀打ちできない一流のチャンピオンです。

それは、井上戦の第1ラウンドで見せた、シャープなパンチと、カウンターのタイミングを見ればわかっていただけると思います。

そんな、若く才能に溢れる無敗のチャンピオン相手に、たった2回で勝利してしまうのですから、井上選手が日本ボクシング史上最強と言われるのも、納得でしょう。

規格外のパワー

井上選手が秒殺を繰り返すようになったのは減量苦から解放された、スーパーフライ級からです。

オマール・ナルバエス戦を確認してください。

これまでダウン経験がないナルバエス選手相手に、4回もダウンを奪い圧勝しています。

特に最初奪ったダウンは、アゴやテンプルといった急所ではなく、おでこにパンチを直撃させ、ナルバエス選手を吹き飛ばしています。

あまりのパワーに、ナルバエス陣営が、グローブに異物が仕込まれているのではないか?

と、疑ったほどです。(グローブ中を直接見せ、疑惑を晴らしています。)

バンタム級一戦目の、ジェイミー・マクドネル戦ではガード上からの連打で秒殺し、けた違いのパワーを見せつけています。

スパーリングでも、

・3階級上のフェザー級世界一位、細野悟を圧倒する。

・日本フェザー級ランカーの腕を、ガード上から骨折させる。

など、化け物じみたエピソードを残しています。

基本を究極までに突き詰めたシンプルなボクシングスタイル

井上選手のボクシングにこれといった特徴はありません。

強いて言うなら、「ボクシングの基本中の基本を、ズバ抜けたフィジカルとセンスで、やっている」と、いう感じでしょうか。

井上選手に通じる選手として、90年代にウェルター級で無敵を誇った、ガーナのアイク・クォーティという選手がいます。

彼のボクシングスタイルは、ジャブとブロッキング主体の超シンプルなものでしたが、ネコ科の動物を思わせる、凄まじい爆発力と瞬発力を兼ね備えていました、

当時アジアで敵なしであった朴政吾選手を、ジャブだけで粉砕するという離れ業を世界戦でやってのけています。

ここで重要なのは、あくまでもシンプルなのであって、単調では決してないという事です。

日本のボクサーには、不器用が故に、ボクシングの引き出しが少なく、何か一つの武器や、あるいは根性に依存した単調なボクシングをする選手も少なくありません。

そうした選手は、スピードのあるテクニシャンタイプには何も出来ずに、完封負けしてしまいます。

しかし、井上選手やクォーティ選手の場合は、そうした不器用さとは無縁の、

無駄を極限にまで削ってできた、研ぎ澄まされたボクシングスタイルだということです。

あえてやらないのと、不器用だからできないのとでは、全く状況が異なるのです。

そんな井上選手のスタイルが最も色濃く出た試合として、WBSS一回戦の、ファン・カルロス・パヤノ戦が挙げられます。

曲者のパヤノ選手相手に、井上選手はジャブすら出さずに、手の動きで圧力をかけ、一瞬の隙に強烈なワンツーを叩き込みパヤノ選手を失神させました。

試合時間たった70秒の戦慄の秒殺劇でした。井上選手が出したパンチも三発くらいです。

しかし、この短い時間の中に、井上選手のスタイルの完成形があると思います。

こんな事、不器用な選手に出来る筈がありません。

この試合を見ろ

まず上記した

エマニュエル・ロドリゲス戦

・ファン・カルロス・パヤノ戦

そして、初めて井上選手の名前を世界に轟かした

・オマール・ナルバエス戦

をお勧めします。

どの試合も、一流選手相手の秒殺勝利です。これらの試合を見れば井上選手が、なぜ日本ボクシング史上最強であるか理解できると思います。

謙虚で真面目な好青年

ボクシング世界王者には、自分の才能に対する自信や、大金を手にしたことで、人格的に非常に横暴な選手が多いです。

もちろん格闘技なので、そういった選手の危険な匂いも魅力的ではあるのですが、井上選手の場合は真逆で、本当にさわやかでどこにでもいそうな今どきの青年といった感じです。

世界的に最も評価されいる日本のアスリートであるのにもかかわらず、インタビューでも相手を貶したり、自画自賛する事は殆どありません。

そういった意味でも、どんな日本人にも好かれる国民的スターになりうる存在なのではないでしょうか?

まとめ

今回は、井上尚弥選手について解説しました。

とにかく今の井上尚弥選手が負ける事は想像できません。

僕としては、井上選手にはフィリピンにおけるマニー・パッキャオ選手のような

国民的スーパースターになってほしいという願いがあります。

その為には、日本ボクシング界にとって屈指のヒールである、

ルイス・ネリ選手といずれ拳を交える必要があると思っています。

(この理由については別の記事で詳しく書きます。)

なのでまず、次戦で元怪物であるノニト・ドネア選手にしっかり勝利しWBSSで優勝しなくてはなりません。

WBSS決勝戦は11月7日木曜日開催です。

心して待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました