【11月3日DAZNで配信】カネロ・アルバレスVSセルゲイ・コバレフを予想【今年一番のビックマッチ】

試合予想

2019年11月3日に行われるWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ、カネロ・アルバレスVSセルゲイ・コバレフを予想します。

現ボクシング界を代表するスーパースター、カネロ・アルバレス選手が、ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ選手に挑む今年一番のビックマッチです!

カネロ選手にとっては2階級上げての挑戦であり、一見無謀とも思われます。

しかも相手は現役屈指のハードパンチャー、コバレフ選手です。

2階級上」で更に現役屈指の「ハードパンチャー」ときたら、さすがのカネロ選手も厳しいと言わざる得ないでしょう。

ドーピングや疑惑の判定で、日本ではヒールのイメージも強いカネロ選手。

アンチの方にとっては、カネロ選手が破壊される姿を拝める可能性があるという意味で、

必見の試合と言えるのではないでしょうか?

そこで本記事では、両者を比較し、どのような試合になるか予想したいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください!

両者の比較

サウル・カネロ・アルバレス名前セルゲイ・コバレフ
メキシコ国籍ロシア
1990年7月18日(29歳)生年月日1983年4月2日(36歳)
175㎝身長183㎝
180㎝リーチ184㎝
55戦52勝35KO1敗2分戦績37戦33勝28KO3敗1分
右ボクサーファイタースタイル右ボクサーファイター
スーパーウェルター級
ミドル級
スーパーミドル級
階級ライトヘビー級
WBC世界スーパーウェルター級王座
WBA世界スーパーウェルター級王座
WBC世界ミドル級王座
WBO世界スーパーウェルター級王座
WBA世界ミドル級王座
WBA世界スーパーミドル級王座
IBF世界ミドル級王座
取得タイトルWBO世界ライトヘビー級王座
WBA世界ライトヘビー級スーパー王座
IBF世界ライトヘビー級王座
WBC世界ライトヘビー級ダイアモンド王座

カネロ・アルバレスについて

カネロ選手は現ボクシング界を代表するスーパースターです。

DAZNと11試合で410億円という破格の契約を結び、いま最も金を稼ぐアスリートの一人でもあります。

これまで3階級を制覇し、今試合で勝利を収めればメキシコ人初の4階級制覇となります。唯一の敗北はあのフロイド・メイウェザーに完封された試合です。

ファイトスタイルは、戦車を想像していただければ分かりやすいと思います。ガッチリとした肉体と、鉄壁のディフェンスで前進し、強烈な左ボディとカウンターで相手を沈めます。

特に、巧みなヘッドスリップと鉄壁のガードからなるディフェンス技術は、現役でも最高峰と言えるでしょう。

ミドル級に上げてからは、あのゴロフキン選手に接近戦で打ち勝っており、フィジカルの強さも際立ちます。

ここ数戦では弱点と言われていたスタミナも改善され、メイウェザー的なクレバーさ手堅さも見せるようになりました。難攻不落とは正にこのことでしょう。

はっきりいって負ける姿が全く想像できません。間違いなく今が全盛期です。

セルゲイ・コバレフについて

コバレフ選手は、ボクシング史上でも屈指のハードパンチャーと言えるでしょう。ニックネームはクラッシャーでその名の通り相手を徹底的に破壊します。

その武骨で男気溢れるスタイルに魅了されたファンの方も多いのではないでしょうか?

特にジャブの威力は桁違いで、前回の試合ではイギリスの無敗のホープ、アンソニー・ヤーデ選手をジャブでKOしています。

またジャブをボディに当てダウンを奪うなど、なかなか目にすることのない離れ業をやってのけます。このことからも彼のジャブがいかに凄まじいかわかるでしょう。

打ち下ろしの右ストレートやクロスカウンターも得意で、とにかく凄まじい破壊力と抜群のタイミングを誇ります。

ただし、アンドレ・ウォード選手に2連敗、エレイデル・アルバレス選手に7回で倒され、スタミナ接近戦という弱点を露呈しています。また、現在36歳で全盛期は過ぎたと言っていいでしょう。

しかし、過去の3敗をきっかけに、フットワークとディフェンスにも磨きがかかり、老獪さを兼ね備えたハードパンチャーとしてライトヘビー級の王者として君臨しています。

パワーは以前に比べ落ちましたが、凄まじいことには変わりません。

スーパーウェルター級上がりのカネロ選手は、体験したことのない衝撃を受ける事になると思います。

体格差

今試合の注目点として、体格差が挙げられます。

カネロ選手はもともとスーパーウェルター級の選手です。身長は175㎝で主戦場としているミドル級でも小さい部類に入ります。

対するコバレフ選手はナチュラルなライトヘビー級です。二人が並ぶとコバレフ選手の方が頭1つ大きいことがわかります。

ボクシングは一階級上がるだけでも耐久力とパンチ力に大きな影響が出るスポーツです。

パワー、フィジカルという点では、コバレフ選手が有利でしょう。

しかしカネロ選手は、コバレフ選手と同等の体格を持つダニエル・ジェイコブズ選手に完封勝ちを収めており、スキルで体格差を無効化する事も可能です。

重要なのはカネロ選手がスピードを保ったまま増量できるか否かになります。

試合予想

肝心の試合予想ですが

カネロ選手の判定勝ちとさせていただきます!

いくら相手がコバレフ選手とはいえ、今のカネロ選手が倒される姿を想像する事が出来ません。最高のディフェンス技術と耐久力は2階級上でも通用すると思います。

頭脳とスピードで上回るカネロ選手が、コバレフ選手のパワージャブを捌き、得意の接近戦で主導権を握り大差の判定勝ちお収めるでしょう。

コバレフ選手は接近戦が苦手でボディも弱いので、終盤KOもありうると思っています。

しかし、僕の目論見が外れ、階級差の影響が想像以上に出ることも考えられます。バレフ選手のパンチがガードの上からでも効いてしまうような状況であれば、どうにもならないでしょう。

ジャブで効かされ、右の打ち下ろしでカネロ選手は昏睡です。

これは1ラウンドの最初の攻防で全てがわかります。コバレフ選手のパワーにカネロ選手がどう反応するかを見逃してはいけません。

まとめ

今回はカネロ・アルバレスVSセルゲイ・コバレフを予想しました。

結果としてはスキルとスピードで上回るカネロ選手の大差判定勝利を予想します。ボディによる終盤TKO勝ちもありうるでしょう。

しかしカネロ選手にとってライトヘビー級は未知の階級です。仮に想像以上に階級差の影響が出れば、カネロ選手は現役屈指のハードパンチャーに破壊されることになります。

これは、ファーストインプレッションで全てわかります。なので初回の攻防は絶対に目を離さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました